10万給付 オンライン申請の 以外な落とし穴!!



こんにちは^^

皆さんの住んでいる地域にも届きましたか??

新型コロナウイルスの緊急経済支援対策である

「特別定額給付金」の申請書 。

我が家にもゴールデンウィーク明けに届きました。

マイナンバーを持っているため、オンラインで申請するつもりでした。

しかーし!!
思わぬ落とし穴・・・


私が実際オンライン申請をして、ハマった落とし穴について

画像付きで説明していきたいと思います!!






オンライン申請に必要なものは??

今回は、iPhoneⅪを使用してオンライン申請をしてみました。

※マイナンバーカード読み取り対応のスマートフォンを持っていない場合は、
ICカードリーダーが必要となります。




マイナンバーカード読み取り対応機種(iPhone、Android対応機種一覧)↓




〜オンライン申請に必要なもの〜

世帯主のマイナンバーカード・・・世帯主のものが必要です!!

②対応するスマートフォン・・・上記で対応機種を確認!!

③振込先口座確認書類・・・通帳やキャッシュカード

④マイナポータルアプリをダウンロード・・・アプリのダウンロードはこちら


⑤マイナンバーカード作成時に決めた署名用電子証明書暗証番号


この「署名用電子証明書暗証番号」は5回間違えるとロックがかかります

そのため、事前に暗証番号を確認し用意しておく必要があります。



余談ですが・・・
マイナンバーカードにはこの「署名用電子証明書暗証番号」の他に
「利用者証明用電子証明書暗証番号」
「住民基本台帳用暗証番号」
「券面事項入力補助用暗証番号」
があります。

ロックされないためにも事前に確認しておきましょう。


ここがPoint1!!
申請には「署名用電子証明書暗証番号」が必要!!

オンライン申請の手順

ここまで準備が出来たら、実際申請をしていきます。


①マイナポータルアプリを開く


②ぴったりサービスを選択
IMG_0541


郵便番号を入力し、特別定額給付金に✔︎を入れる。


③特別定額給付金に✔︎


④確認して次へすすむ

IMG_0542




⑤連絡先を入力:メールアドレスと電話番号



⑥申請者情報を入力、マイナンバーカードを読み取り

IMG_0543

IMG_0546


ここで私は何度も失敗。。。
閉じるを押すとアプリの最初のページに戻ってしまいました。

対処法がよくわからなかったのですが、
Safariに閉じられていないタブが大量にあったので
タブを全部消去して
はじめからやり直しました。

⑥まできて、マイナンバーカードを読み取り、「閉じる」を押すと・・・

さっきの入力画面に無事戻りました!!!
スクリーンショット 2020-05-21 23.30.29


ここがPoint2!!
iPhoneでオンライン申請をする場合は、
Safariのタブを全て消去しておきましょう!!!



オンライン申請の手順〜申請の落とし穴Point3〜

⑦入力画面に戻ったら、世帯主の情報や家族の情報、振込先の銀行口座情報を入力。
スクリーンショット 2020-05-21 23.36.24

⑧申請内容を確認します。振込先口座に間違いがないか、受給金額に間違いがないか。
スクリーンショット 2020-05-21 23.36.37


⑨振込先口座を確認できる書類を添付
写真にとって添付するだけなので、簡単。
スクリーンショット 2020-05-21 23.36.47


⑩電子署名付与。
最初に説明した
署名用電子証明書暗証番号
の出番です!!!
もう一度言いますが、5回間違えるとロックがかかります。

スクリーンショット 2020-05-21 23.36.58

11.入力したら、マイナンバーカードを読み取ります。

スクリーンショット 2020-05-21 23.37.13

これで終わりだー!!

と思ったら・・・

IMG_0492

「署名用電子証明書が失効しています」

の文字。

え??どういうこと!?

書類を見て入力しているので、暗証番号はあっている。
なのに、執行とは??
ここが最大の落とし穴です。


今回のオンライン申請で必要になる署名用電子証明書は、マイナンバーカードを発行した後に、
引越しによる住民異動の届け出(転入・転居など)や戸籍の届出(婚姻など)によって
住所氏名が変わると、電子証明書と住民票の記載内容が異なるという理由から
失効してしまうというのです!!


なんということでしょう!!!!!

私自身、マイナンバーカード発行後に引越しをしており、住所が変わっています。

引越しした際に、もちろん住所変更の手続きをしています。
その際に、マイナンバーカードの住所内容は手書きで修正されました。

で・す・が

それだけでは署名用電子証明書は変更されていないというのです。

引越し手続きの際には、上記についても説明があるそうなのですが、

まーったく覚えていません。

あったのだろうか・・・


私の場合は、失効しているため、再発行するためには市役所へ行かなければならない状態に。

それなら、郵送で申請しますよね。

3蜜を避けるために市役所へ行かない方法が取られているのに、
市役所へ行って再発行するようでは本末転倒です。

結果、私は郵送での申請になりました。

ここがPoint3!!!
マイナンバーカード発行後に
住所変更や婚姻などで氏名が変わったという人

署名用電子証明書を再発行していないと
失効しているため申請できない!!






ここまで、10万円給付のオンライン申請の落とし穴Point3つについて説明してきました。

オンラインで申請しようと考えている方は、
事前準備がとても大切です。

申請方法や必要書類を確認の上、申請をするようにしましょう。


最後まで読んでいただきありがとうございました。