こんにちは^^
理学療法士として働いている私が、リハビリやそのお仕事について書いているblogです。
少しでもリハビリの仕事や資格について知っていただけたら幸いです。

さて、前回は理学療法士の国家試験後の流れについてお話ししました。
国家試験を受けて終わりではなく、就職までの間に必要書類を揃え、就職後もスムーズに理学療法業務に入れるようにする必要があるとお伝えしました。

今回は、一番気になる部分ではないでしょうか。理学療法士(PT)の給料・年収について、他職種との比較もしながら説明していきます。

 

理学療法士(PT)の平均年収

就職を決める際に、重要視するポイントの一つとして給料があると思います。また、理学療法士を目指そうとする場合にも、将来どのくらいの給料が貰えるのかはとても気になる点だと思います。
では、理学療法士(PT)の平均年収はどのくらいでしょうか?また、医療系の他職種と比較して少ないのでしょうか?多いのでしょうか?

理学療法士の給料については、厚生労働省の賃金構造基本統計調査結果を見るとわかります。
理学療法士の平均年収は、約410万円となっており、だいたい350万円〜500万円くらいの層が多くなっています。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査の結果をまとめました。

・平均年齢:32.9歳
・勤続年数:6.1年
・労働時間:163時間/月
・超過労働:6時間/月
・月額給与:285,200円
・年間賞与:662,200円
・平均年収:4,084,600円

(参考元:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」)
(本統計はサンプル数が少ないため実際と違う場合があります。)

国家資格を持った専門職で、医療現場で働いているのに思うほど多くないと思われたのではないでしょうか。

その他の国家資格を持った医療・介護専門職と、平均年収を比べてみましょう。

職業

平均的な年収

作業療法士(OT

410万円

薬剤師

580万円

看護師

580万円

歯科衛生士

350万円

放射線技師

600万円

臨床工学技士

530万円


いかがでしょうか?
理学療法士は3年、または4年間勉強するのに対し、薬剤師は6年制となっています。
看護師は夜勤などもあるため、夜勤手当などで給料は多くなります。
放射線技師は、様々な検査技術を身につけることで、求人は多く、高収入となるようです。
臨床工学技士は、急な呼び出しなどがある場合もあり、そのような場合は、基本給とは別に手当が支給されるため、給料が高くなるようです。

他の資格と比較するとそれほど高くはないように感じます。
ですが、30代の平均年収は400万円程度と言われていることから、平均的な収入を得られるということになります。また、理学療法士は夜勤もなく、呼び出しなどもないと考えると、これぐらいの収入になるのかなとも思います。

 

理学療法士(PT)の初任給

では、理学療法士の初任給について、一般的な初任給と比較しながらみてみましょう。

理学療法士の初任給は、地域によって多少の違いはありますが、だいたい23万円ぐらいといわれています。
実際、求人情報を見てみても、だいたいそのぐらいで、病院・施設によって大きく差はありません。この平均よりかなり給料がいい場合は、何かしらあるのかな?と思います。私の住んでいる近くの病院で、私の職場より5万円以上高いところがありましたが、そこは、全国に系列の病院や施設があり、転勤があるとのことでした。
また離島などの募集を出しても、人が来にくい場所などは給料が高い傾向にあります。
23万円前後を中心に考え、高い場合は何があるのか確認してみるといいと思います。

また、大卒者の一般的な初任給が20万円程度といわれているため、平均よりは多少高めになります。


理学療法士(PT)の給料〜男女差、学校による差はあるの?〜

給料に男女差があったり、大学卒と専門卒で給料が違うということも一般企業ではよくあると思います。
では、理学療法士ではどうでしょうか。

理学療法士になるには、大学か専門学校を卒業しますが、実務経験のない新卒の場合には、学歴に関係なく、一律の給与にしていることがほどんどです、また、男女差もないことがほとんどです。
私も、同期は大卒男性、専門卒男性、私(大卒女性)の3人ですが、初任給や初めての賞与をお互い確認したところ、全く一緒でした。
(金額が違った場合は、気まずいのであまり給与明細の見せ合いこはしないほうがいいかもしれません・・・)

理学療法士(PT)の昇給

理学療法士になって1年・・・3年・・・5年・・・10年・・・と働く中で、理学療法士の給料はどのくらい上がっていくのでしょうか?

理学療法士の年収は、30代後半で400万円台、40代後半で500万円台と言われています。
実際、理学療法士として病院・施設で働く場合、理学療法士の収入を増やすためには、多くの患者様のリハビリをして、売り上げを増やすことが必要となります。
しかし、診療報酬で理学療法士は、1人1日24単位、1人週に108単位までという決まりがあります。1単位とは、20分の個別リハビリを指します。週6日勤務とした時、1日18単位のリハビリをすると、1週間で108単位となります。
診療報酬で、これらの制限があるため、売り上げを増やすためにたくさんリハビリをするということができません。そのほかにも、1人につき1日にできるリハビリの単位数の上限があったりするため、1人の患者様に対して、たくさんリハビリをするということもできません。
これらの制限内でリハビリを行っていくため、やればやっただけ売上が増えるということではなく、売り上げを増やすということが難しい状態です。
1日、1週間でできるリハビリの単位数が決まっており、年齢関係なくこの制限があるため、年齢を重ねていっても、収入は大きく増えないというのが現状です。

私も就職して何年も経ちますが、基本給はほとんど変わっていません。ボーナス額についてもほぼ一緒です。
病院・施設の経営状況にもよってボーナス額は変わってきますが、基本的には大きく昇給するということはないと思った方がいいと思います。

理学療法士の年収・初任給・昇給について述べてきました。
正直なところ、すごく少なくもないし、多くもないといったところです。
しかし、一般企業では、年齢によって昇給があると思うので40代、50代になった頃には、年収が大きく違ってくる可能性もあります。ただ、資格があり、どこでも理学療法士として働けるという強みもあるため、仕事に困るということは現状ではないと考えられます。
給料が大幅に下がるということも考えにくいため、安定した職業と言えるのではないでしょうか。


ここまで、理学療法士(PT)について詳しくお話ししてきました。
次回からは、作業療法士(OT)について詳しく述べていきたいと思います。 
理学療法士と作業療法士の違いや、これからPTもしくはOTを目指そうとしている、またはどちらにするか悩んでいる人にとって少しでも参考になればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。