MAMA LIFE 理学療法士兼ピラティスインストラクター

2児の母♡理学療法士兼ピラティスインストラクターとして働いています                      産後の身体のことや身体に関わるお仕事、資格について紹介しています

Vintage Logotype Etsy Banner-9

こんにちは^^
理学療法士として働いている私が、リハビリやそのお仕事について書いているblogです。
少しでもリハビリの仕事や資格について知っていただけたら幸いです。

ここまで柔道整復師について色々お話ししてきました。

私は理学療法士として働いていますが、旦那は柔道整復師として働いています。
私自身、旦那と付き合うまでは、柔道整復師という仕事がどういうもので、どんな仕事で、どうやって資格を取るのかなどなどよくわかっていませんでした。
しかし、二人で勉強会などに参加したり、治療について相談する中で、お互いの知識や基本的な技術に関しては、ほとんど違いがないことに気づきました。

理学療法士(PT)と柔道整復師という名前や資格も違いますが、勉強している内容は同じ部分が多く、何が違うのかな?と思うことがありました。
今回は、その理学療法士(PT)と柔道整復師の違いについてお話ししたいと思います。 







理学療法士と柔道整復師 仕事内容の違い

理学療法士である私も、何が違うんだろうと思うぐらい似ているように感じてしまいますが、理学療法士と柔道整復師ともに独占業務のため、似ているように見えますが、名前や資格が違うように仕事内容は異なります。

具体的に何が違うのかみてみましょう。

①自らの判断で施術できるか・できないか
理学療法士は、医師の指示の下、運動療法や物理療法を行うことができます。つまり、自分で診察をして、診断して動くことはできません。

柔道整復師は、骨折や脱臼などの損傷状態によっては、施術を行うのに医師の指示が必要となりますが、そうでない場合は、自ら診察・診断を行い、施術を施すことができます。直接医療行為が許されている数少ない医療系国家資格のひとつです。


②開業できるか・できないか
理学療法士には、開業権がありません。上記でも述べましたが、医師の指示がないと理学療法はできません。診察・診断もできないため、開業して施術をするということができないということになります。

柔道整復師には、開業権があります。
医療系国家資格の中でも、開業権を認められている資格は少なく、医師や歯科医師に並び柔道整復師は開業権が認められている貴重な存在です。自分で独立開業できる将来性は大きな魅力のひとつです。

③対象者・保険適応範囲の違い
理学療法士は、病気やケガで低下した機能の回復、リハビリテーションが主な仕事になります。急性期から慢性期、また慢性疾患に対してもリハビリ・治療を行うことができ、機能を回復させる専門家といえます。リハビリでは、整形疾患だけでなく、中枢疾患(脳卒中やパーキンソン病、脳性麻痺など)、呼吸器疾患(肺炎、喘息、COPDなど)、心疾患(心筋梗塞、狭心症など)、廃用症候群(内科疾患などで活動量が減り運動機能が低下した場合など)など、様々な疾患が対象になります。

柔道整復師は、主に急性のケガに対する治療を行います。保険の適応になるのは、急性のケガのみでケガを治す専門家と言えます。慢性的な痛みに対しても施術はできますが、保険適応外となり、実費診療になります。整形疾患が主になりますが、介護施設などで働く場合には、様々な疾患の利用者様が対象となります。

様々な違いがありますが、基本的な身体の構造や動き、ケガや病気、痛みなどについての知識にはほぼ違いがないように感じます。
国家試験の試験内容を見ても、

理学療法士
解剖学生理学運動学病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要、理学療法

柔道整復師
解剖学生理学運動学病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復師理論及び関係法規

黄色のマーカー部分が同じ内容になります。(全く同じ問題ということではありません。)



過去記事↓(国家試験の内容もよく似ています。)

 


理学療法士と柔道整復師 国家試験合格率の違い

理学療法士国家試験合格率

スクリーンショット 2019-08-14 9.09.18

近年の国家試験合格率は80%台で推移しています。



柔道整復師国家試験合格率



近年の国家試験合格率は60%台を推移しています。

一見すると、理学療法士の方が簡単なのかな?と思うかもしれませんが、試験内容も異なるため、一概に難易度を比較することはできません。
また、両者の特徴として、新卒者の合格率は90%台を超えることが多く、養成校でしっかり学び、国家試験に1回で合格することが重要です。

理学療法士と柔道整復師 資格保有者数の違い

理学療法士
スクリーンショット 2019-09-16 18.33.25

2019年3月時点で、資格保有者数は151,602名となっています。
毎年約10,000人の理学療法士が誕生しています。


柔道整復師
スクリーンショット 2019-09-05 23.43.31
2016年時点で、資格保有者数は68,120名となっています。
毎年3,000人前後の柔道整復師が誕生しています。

人数にはかなりの差があります。

理学療法士においては、需要に対して供給が上回って来ていると言われています。働く場がないというところまではきていませんが、いずれはそういう時代になることが想像されます。
柔道整復師においても、同様で、介護分野ではまだまだ需要があるようですが、独立開業して成功する人はごく僅かという状況になってきています。
どちらにおいても、資格を取って終わりではなく、+αで自分の強みとして知識、技術、その他の資格を持つなどなど勉強を続ける必要があるといえます。


理学療法士と柔道整復師 学費の違い

理学療法士
理学療法士の養成校は、2019年時点で全国に266校あります。文部科学省または当道府県知事に認可された短大か専門学校(3年制、4年制)、または4年制大学があります。
短大もしくは3年制の専門学校の場合、学費は300万円〜500万円といわれています。
4年制の専門学校または私立大学の場合は、600万〜700万程度かかります。

私自身も、4年制の私立大学へ行きましたが、授業料がだいたい年間150万円で4年間なので600万かかり、さらに入学金、教科書代、実習に必要な物品や服代、4年次には国家試験対策として模試をたくさん受けるため、それらの代金などなどたくさんのお金がかかります。
実習で遠方に行った場合は、その時の居住費、食費などなどもかかりますし、実家から出て一人暮らしの場合は、さらにお金がかかります。

国公立大学の場合は、授業料が年間50万程度といわれている為、4年間で200万程度でかなり安くなります。しかし、偏差値も高く、定員も少ない為、簡単に入れるわけではありません。


柔道整復師
柔道整復師の養成校は、全国に100校程度あります。
理学療法士の養成校はこの2.5倍程度あることになります。

100校程度のうち、大半を占めるのが専門学校です。大学、短大は全国で10校程度しかありません。

3年制の学校で学費は300万〜400万円程度、4年制になると400万〜600万円程度となります。
3年制の学校が多い為、理学療法士に比べると安い感じがします。


理学療法士 柔道整復師 給料の違い

理学療法士
理学療法士の初任給は、23万円程度と言われています。
平均年収は、350万円〜500万円程度となっています。
理学療法士においては、独立開業はできない為、なかなか収入UPというのは難しいのが現状です。
また、1日にみれる患者様の数(単位数)が決まっており、たくさん患者さんをみればいいということもできない為、雇う側としても収入を増やすというのは難しいという状況になっています。


柔道整復師
柔道整復師の初任給は20万円程度と言われています。
平均年収では300万円〜700万円とかなりの幅があります。
独立開業し、成功した場合には700万に近いぐらいの収入が得られる場合もありますが、簡単には成功はできません。簡単ではないですが、収入が増える可能性があるという点では夢がある仕事だなとも感じます。



ここまで、理学療法士と柔道整復師の違いについて説明しました。
仕事内容の部分では、似ている点もありますが、異なる点もあります。
収入面では開業するかしないかで大きく変わってきます。(成功すればの話・・・)

様々な面で比較して自分がどのようなことをしたいのか、将来どうなりたいのかなどなどを考えて、選択する必要があると思います。
私は、旦那と出会うまで柔道整復師についてあまり知りませんでしたが、高校生の段階でここまで仕事内容について調べていたらよかったなぁ思うこともあります。
高校生のうちから仕事内容や収入など様々な面で比較検討しながら、将来のことを考えてもらえたらと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Blogging Tips LinkedIn Post Header

こんにちは^^
理学療法士として働いている私が、リハビリやそのお仕事について書いているblogです。
少しでもリハビリの仕事や資格について知っていただけたら幸いです。

以前にお話しした施術管理者になるための施術管理者研修の申込を実際行いました。

なぜ申込をしたの?
となるかもしれませんが、ブログに書くために・・・とかではありません。

私の旦那は、柔道整復師をしています。
昨年開業し、まさにこの施術管理者研修を受講しないといけないのです。
(実務経験についてはクリアしています。)


今回は、実際経験した申込方法について詳しくお話ししていきます。


施術管理者研修は申込者が殺到し、なかなか研修を受けることができないと言われています。

申込開始前に、方法をしっかり確認し、スムーズに申込ができるようにしておきましょう。






どこから申込をするの?申込開始日の確認

上記でも述べましたが、施術管理者研修の申込は、希望者がとても多く、申込開始から5分程度で定員100名があっという間に埋まってしまいます。
毎月全国各地で研修は行われていますが、追いついていないのが現状です。
この研修を受けなければ、受領委任を取り扱うことができず、保険を使った施術が行えなくなります。

申込がスムーズにできるようまずは、どこから申込をするのか、申込開始日の確認をしていきます。

申込は、「公益財団法人 柔道整復研修試験財団」のHPから行うことができます。
↓(https://www.zaijusei.com/training_oparation_2019.html)


HPを開くと
スクリーンショット 2019-09-09 11.40.12

このようなページが出てきます。
このページの「柔道整復師施術管理者研修」のところをクリックします。

スクリーンショット 2019-09-09 11.40.122

すると施術管理者研修の日程一覧が出てきます。
2019年9月9日現在、今年中の研修の申込は全て終了しています。

2019年9月9日12:00〜大阪、福岡の2会場の研修申込が開始となります。


スクリーンショット 2019-09-09 11.48.13

今回、この大阪会場の申込をします。



申込に必要なもの

申し込みの際に必要となるもの
・柔道整復師免許登録番号
(表彰状のような免許証に免許登録番号が記載されています)
登録記号番号※
承諾年月日※

※2018年4月〜2019年3月までの受領委任の登録をした人のみ、「受領委任の取り扱いの承諾通知」に記載のある「登録記号番号」と「承諾年月日」の入力が必要です。

申込開始前に、上記3つは確認しておきましょう。

申込開始!

申込開始の12:00前からPCの前で下記ページを開いて待ちます。
スクリーンショット 2019-09-09 11.48.13


11:59から更新ボタンを何度も押しながら、12:00を待ちます。

12:00になりました。準備中と書いてあったところが、

スクリーンショット 2019-09-09 13.26.14

「お申し込みはこちらから」のみとなり、ここをクリックします。

クリックし、下の方へ移動すると下記のようなページになるので、受付中をクリックします。

スクリーンショット 2019-09-09 13.26.28

画像では、残り0ですが、12:00ぴったりにクリックすると、残り110でした。

受付中をクリックすると入力フォームへ移動します。

申込入力フォーム

入力フォームは下記のようになります。

スクリーンショット 2019-09-09 13.26.45

スクリーンショット 2019-09-09 13.27.06

基本的な個人情報を入力します。
入力し終えると、次は参加者情報を登録というページへいきます。

スクリーンショット 2019-09-09 13.30.17

スクリーンショット 2019-09-09 13.30.31

参加者情報では、卒業養成施設名を選択するようになっています。
ここでは、エリアごとに選択フォームが分かれているので、自分の出身校のエリアから学校名を選択します。
その後、免許番号や登録記号番号などを入力し、次のページへいきます。

次のページでは、どこの会場で申し込むのかを選択できます。

はじめのページで大阪会場から申し込みをしていても、ここで福岡に変更することもできました。

全て完了し、申込ができると申込完了というページが出ます。

そして、すぐに申込完了メールが登録したアドレス宛に届きます

競争率は?どれぐらいで申し込み終了??

私が申込を完了したのが、12:06頃でした。
その時には、大阪会場は既に残り0でした。

福岡会場の方が残り30くらいでしたが、それも1、2分で残り0になってしまいました。

会場にもよりますが、参加者が集まりやすい都市部では5分程度で受付終了となってしまうようです。


今回大阪会場110名、福岡会場110名の定員でしたが、10分もしないうちにどちらもいっぱいになってしまいました。

今後参加の希望がある方は、このブログをみて入力フォームの内容をしっかり確認し、慌てず入力できるように準備しておく必要があると思います。
今回、私が入力する前には、このような詳細な情報がなく少し慌てた部分もありました。
ぜひ申込をされる方は、参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Vintage Logotype Etsy Banner-8
こんにちは^^
理学療法士として働いている私が、リハビリやそのお仕事について書いているblogです。
少しでもリハビリの仕事や資格について知っていただけたら幸いです。

前回は、柔道整復師が開業するために必要な、受領委任を取り扱う「施術管理者」の届出についてお話ししました。



柔道整復師として働いているけど、今の経験を生かしつつもう少し収入を増やしたい。
そんな方に
今回は、柔道整復師の収入UPにつながる「機能訓練指導員」のお話をしたいと思います。  




機能訓練指導員とは?


機能訓練指導員とは、介護保険法によって定められている職種の一つです。
利用者一人ひとりの心身の状態に合わせて機能訓練を行い、自分で身の回りのことができるように支援していく役割を担っています。
機能訓練指導員は特別養護老人ホームやデイサービスに、必ず1人以上配置することが定められています。
もともと、通所介護やデイサービスは、機能訓練よりも「介護をする家族の負担軽減」を重視していました。しかし、高齢化社会で高齢者が増えていく中、国の方針としては、介護予防や高齢者の自立度を向上させ、家に返す、自宅での生活を促すという方向へ変化し、自立支援のための機能訓練を積極的に行うようになりました。機能訓練を行うために必要なのが、機能訓練指導員です。

機能訓練指導員の仕事は、まず利用者の生活環境の確認や身体機能の評価を行います。
利用者本人からだけでなく、その家族の意向も伺いながら、どのような訓練が必要なのかを判断し、機能訓練計画書を作成します。
この機能訓練計画書に沿って機能訓練指導員が機能訓練を行います。
また、機能訓練計画書は3ヶ月ごとに見直す必要があり、その都度評価を行い新たな目標や課題に向けて訓練を行なっていきます。

主な仕事内容としては

・歩行訓練、マッサージ、筋力トレーニング、その他症状にあった回復訓練
・心身機能の評価(利用開始時には必ず評価が必要です。その後は3ヶ月ごと。)
・利用者一人ひとりに合わせた機能訓練計画書の作成
・利用者に合った車椅子や歩行補助具、自助具などの福祉用具の選定
・他の介護スタッフや家族に向けて、自立支援に基づいた介助の提案と指導

などがあります。


機能訓練指導員は、介護施設や病院で機能訓練指導を専門的に行うスタッフのことを言い、資格ではありません。
しかし、この機能訓練指導員という仕事は、誰でも就けるわけではありません。


では、どんな人が機能訓練指導員になれるのでしょうか?

機能訓練指導員になるには?

機能訓練指導員の仕事に就くためには、下記の7つの資格のうちいずれかを持っていることが条件となります。

機能訓練指導員として認められる資格
・看護師または准看護師
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師
・鍼灸師(※)

※機能訓練指導員の人手不足から、平成30年資格要件が緩和され、鍼灸師も機能訓練指導員になれることになりました。しかし、鍼灸師に関しては、資格要件以外の条件があり、鍼灸師以外の機能訓練指導員が在籍する施設にて半年以上の実務経験が必要となります。


機能訓練指導員の給料は?

高齢化が進む中、介護業界では人材不足が深刻化しており、機能訓練指導員は重宝される存在となっています。上記でも述べましたが、機能訓練指導員の人手不足から鍼灸師も機能訓練指導員になれることになりました。

求人数も右肩上がりで、場所によっては好条件、好待遇の求人もあります。

厚生労働省による2016年の調査によると、介護職員処遇改善加算の取得届出をしている事業所で働く機能訓練指導員の平均給与は約34万円となっています。

機能訓練指導員の平均年収としては350万円〜500万円が相場のようです。

柔道整復師として働く中で、年収が300万円台という場合には、少しでも給料UPを求めて機能訓練指導員を目指すということもありだと思います。

ただし、機能訓練指導員は、看護師、理学療法士、作業療法士などの国家資格を持っている医療従事者であるため、持っている資格や働く施設によってある程度給与の差はあると考えられます。

転職を考える場合には、いろいろな施設を比較し検討するようにしましょう。


機能訓練指導員が活躍できる施設・職場は?

機能訓練指導員の配置が義務付けられている施設には
・デイサービス(通所介護施設)
・ショートステイ(短期入所生活介護施設)
・特別養護老人ホーム
などがあります。

それぞれの施設における機能訓練指導員の役割をみてみましょう。

介護福祉施設
デイサービス・特別養護老人ホーム・有料老人ホームなどの介護福祉施設で働く機能訓練指導員の仕事は、いずれも機能回復という点では変わりません。また、施設によっては、身体介護やレクレーション、送迎など、介護スタッフに近い業務も含まれることがあります。

要介護者向けの医療施設
介護療養型医療施設、病院併設型リハビリテーション、介護老人保健施設などの医療施設でも機能訓練指導員は活躍しています。このような施設では、一般的な介護福祉施設と比較すると介護度が高かったり、重い障害を抱えている利用者が多い傾向にあります。


施設ごとに特徴もあるため、給料だけでなく、施設の特徴もあわせて確認しておきましょう。

今後の需要は?どれぐらいの人が機能訓練指導員として活躍しているの?

厚生労働省による介護従事者処遇状況等の調査結果によると、理学療法士・作業療法士を含めた機能訓練指導員の就労人口は2010年で約20,000人、2016年で約53,000人と増加しています。それでもまだ不足しているのが現状です。

通所介護において、機能訓練指導員が有する資格は

看護職員65.6%
理学療法士11.5%
作業療法士6.1%
柔道整復師10.7%

という割合になっています。

看護職員に関しては、通所介護の配置基準として「専従でなくても良いが1名以上配置すること」(ただし、病院、診療所、訪問看護ステーションとの連携により看護職員が営業日ごとに利用者の健康状態の確認を行い、提供時間帯に密接かつ適切に連携を行う必要がある。また、それができる訪問看護ステーションと連携しなければならない)とされています。

看護職員が機能訓練指導員を兼務している場合もあるため、看護職員の割合が高くなっていると考えられます。
 


超高齢社会の到来によって膨らむ医療費や介護費用の削減のために、介護が必要な人または今後要介護になる可能性のある人、要支援者に、出来るだけ自分の力で生活できるようなサポートが求められています。
高齢者は今後も増え続けるため、機能訓練指導員の力はますます必要とされていくでしょう。


ここまで機能訓練指導員についてお話ししてきました。給料面では、柔道整復師として働くよりもやや高い傾向にはありますが、機能訓練以外の部分の仕事も行う必要があったり、通常の柔道整復師の業務とはまた違う部分もあると思います。
月給やボーナスなどの比較だけでなく、仕事の内容もしっかり考え、選択する必要があると思います。

個人的には、業務時間の違いも大きいのではないかな?と思います。
デイサービスや特別養護老人ホームの場合、勤務時間はだいたい8時前後から18時前後になると思います。接骨院や整骨院は、大体が20時ぐらいまで受付をしていることが多く、帰るのが21時ごろというところが多いと思います。
勤務時間の違いも自分の生活スタイルと照らし合わせて、考えてみるのもいいのではないでしょうか。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


 

このページのトップヘ