MAMA LIFE 〜誰得情報 健忘録〜

2児の母♡私の健忘録 生活の中で気になったことや、ためになったこと 子育て情報などをまとめてます^^ お得な情報大好きです^^ お仕事のことも少し紹介しています^^ 理学療法士兼ピラティスインストラクター

姿勢も身体もスッキリ!!

こんにちは^^
理学療法士として働いている私が、リハビリやそのお仕事について書いているblogです。
少しでもリハビリの仕事や資格について知っていただけたら幸いです。

今日は、ピラティスについてお話ししたいと思います。

ピラティスという言葉を聞いたことがありますか?
どんなものか知っていますか?

日本ではまだまだマイナーなエクササイズですが、海外ではメジャーなエクササイズで幅広い年齢層の方が行なっています。
また、プロのスポーツ選手でも基礎トレーニングとして取り入れている人も多くいます。

そんなピラティスを多くの人に知ってもらいたい!ということで、
ピラティスとは何なのかを詳しくお話ししていきたいと思います!!

 


ピラティスとは?ピラティスの歴史

ピラティスという言葉を聞いたことがありますか?

1920年代にジョセフ・H・ピラティス氏によって考案されたエクササイズです。
ピラティス氏は、自身がくる病(骨の成長障害で背骨を変形させてしまう病気)や喘息を患っており、それを克服するために身体の構造などを勉強しました。自身の身体を健康にするにはどうしたらいいのかということを自身の身体を通して追求し、ピラティスというものを確立しました。
また、ドイツ人従軍看護師だったピラティス氏は、負傷した兵士のリハビリのために激しい運動が難しい人でも、筋力強化ができるエクササイズを提案しました。
ピラティス氏は、1926年に渡米し、ピラティスを広めるためのスタジオを開設しました。アメリカ全土に普及し、今ではリハビリだけでなく、体づくりを目的とした人気フィットネスの一つとなりました。



ピラティスの種類

ピラティスには、大きく分けて
・マットピラティス
・マシンピラティス
・ファンクショナルローラーピラティス

の3種類があります。

・マットピラティス
姿勢も身体もスッキリ!!-3

ヨガと同じようにマットを使って行うピラティスをマットピラティスといいます。
ピラティススタジオやスポーツジムなどで行われるピラティスの多くはマットピラティスです。
使う機器も、マットだけで手軽に安価に始められる上に、自宅や狭い場所でもできるというメリットがあります。

しかし、マット上で自分自身の身体を動かして効果を得るためには、正確に身体をコントロールする必要があり、上級者向けで基礎知識や慣れも必要となります。



・マシンピラティス
姿勢も身体もスッキリ!!-4

ピラティスは本来、機器を使って個人の状態に合わせたエクササイズを行うものでした。
ジョセフ・ピラティス氏は、第一次世界大戦時、負傷兵でもエクササイズができるようにベッドを改良したマシンを開発しました。
これがマシンピラティスの始まりとなっています。

ピラティスマシンは、現代では、多くの医療現場やフィットネスジムなどにも導入されるようになり、多くの患者や利用者の機能改善にも役立っています。
また、世界中のトップアスリートも、怪我の予防やパフォーマンスアップの観点からピラティスを取り入れていることが多く、アメリカンフットボールのチームや、大学アメリカンフットボールの多くのチームがトレーニングとしてピラティスマシンを導入しています。
一見難しそう、キツそうと感じるマシンピラティスですが、マシンを使うことで、身体を支える補助、または負荷を加えることが可能となり、正しい動きを導きやすいというメリットがあります。

しかし、デメリットとしては、マシンがあるところへ行かないとできないということです。
私の住んでいる地域には、このようなマシンが置かれている場所がない(知らないだけかも)ため、行うことができません。


・ファンクショナルローラーピラティス(FRP)
姿勢も身体もスッキリ!!-2

ファンクショナルローラーピラティス(以下、FRP)は、フォームローラーを使用して行うピラティスです。マットの上にフォームローラーを置いて、運動を行います。

↓フォームローラー
p1280x1280_ffc189d6-2

フォームローラーを使用することで、機器を用いたマシンピラティスのような適度な抵抗と補助を得ることができます。フォームローラーの不安定な支持面の上でエクササイズを行うため、よりインナーマッスルを鍛えることができ、体幹の安定性やバランス能力の向上を促すことができます。エクササイズのバリエーションも多く、初心者でも比較的簡単に行うことができるのが特徴です。
また、エクササイズの開発にあたって、医学的視点を取り入れており、日常の歩行などの動作の機能を向上させるため、立った姿勢でのエクササイズが多いことも特徴です。


ピラティスの効果


ピラティスでは、身体の外側にあるアウターマッスルではなく、深層部にあるインナーマッスルを鍛えます。インナーマッスルを鍛えることで、理想的な背骨、骨盤の位置へ導き、全身のバランスを整えたり、正しい姿勢へと導くことができます。
ピラティスの主な効果をご紹介します。


・骨盤の歪みを改善
骨盤の歪みは誰しもが抱えているものです。カバンをいつも同じ側で持ったり、足を組むときにいつも同じだったり様々な要因で骨盤は歪んでいきます。また、出産を経験した女性は特に歪んでいることが多いと思います。インナーマッスルを鍛えることで、骨盤の歪みを正常な位置に戻し、冷え性や生理痛の緩和、便秘やむくみの改善にも効果があると言われています。


・姿勢改善
背骨は、緩やかなS字カーブを描いているのが理想的な姿勢です。ピラティスでは、正しい姿勢に必要な筋肉を鍛え、正しい姿勢での運動を学習していきます。また、正しい姿勢で左右の筋肉を均等に動かしたり、調整したりするため、姿勢改善や肩こり改善にもつながります。


・ダイエット効果
インナーマッスルを鍛えることで身体が引き締まり、筋肉量も増えるため、基礎代謝が上がります。継続することで太りにくい体質になります。


他にも、ストレス解消や、ストレッチ効果などもあります。
これらの代表的な効果を見ると、産後の運動には最適だと感じます。妊娠出産で姿勢や骨盤は歪みが生じます。また、妊娠中体重が増加し、出産後戻らないことも多くあります。
また、妊娠中からできるピラティスもあり、ピラティスを学べる場は少しずつ増えているように感じます。

よく比較されるヨガとの違い

レッスンや体験などでよく聞かれるのが、ヨガとの違いです。
ピラティスに比べると、ヨガの方が日本ではメジャーな運動で、ヨガもヨガマットさえあれば運動ができるため、安価で自宅などの狭い場所でもできることがメリットとしてあります。
似ているものとして捉えられがちですが、ヨガとピラティスではどんな違いがあるのでしょうか?
それぞれの特徴をみてみましょう。

ピラティス
・リハビリに基づいて作られている。
・胸式呼吸によって交感神経を活性化させ、頭をスッキリさせ、自律神経を整える
・解剖学に基づいた一連の動きにより身体を正しい方向へ導き、姿勢改善などの効果があある
・体力や姿勢の改善、筋肉量のアップなどを目指したい場合に向いている

ヨガ
・宗教観に基づいた思想と瞑想、快適で安定した心を作る
・腹式呼吸によって、副交感神経を活性化させて心をリラックスさせる効果がある
・ストレッチや呼吸を通じて心を安定させる
・自分自身のメンタルを整えながら体づくりをしたい場合に向いている



ここまでピラティスについて概要をお話ししてきました。
ピラティスという言葉を聞いたことがない、または、言葉は聞いたことがあるけどどんな運動でどんなことをするのかは知らないという人がまだまだたくさんいると思います。

私自身も、子供を妊娠・出産し、身体の痛みを経験したことがきっかけでピラティスを学びました。

このブログを通じて、少しでもピラティスについて知ってもらい、体験でもいいので経験してもらえたら嬉しいなと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 

第55回理学療法士国家試験-2

こんにちは^^
理学療法士として働いている私が、リハビリやそのお仕事について書いているblogです。
少しでもリハビリの仕事や資格について知っていただけたら幸いです。

令和元年9月2日、厚生労働省から来年、令和2年に行われる第55回理学療法士国家試験の試験日程が発表されました。

試験日程と、過去の傾向から第55回の難易度を予想したいと思います。
※あくまで傾向からの予想です。

 


第55回理学療法士国家試験日程

・試験期日
筆記試験:令和2年2月23日(日)
口述試験及び実技試験:令和2年2月25日(火)

・試験地
筆記試験:北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県及び沖縄県
口述試験及び実技試験:東京都

(口述試験及び実技試験は重度視力障害者に対して行われます。)

・受験手続
必要書類を令和元年12月16日(月)〜令和2年1月6日(月)までに提出


・合格発表
令和2年3月23日(月)午後2時に発表


過去の合格率の推移

では、過去の国家試験合格率の推移をみてみたいと思います。

スクリーンショット 2019-08-14 9.09.18

過去記事も参考にしてみてください↓



近年の合格者数、合格率を見ると、ジグザグになっているのがわかると思います。

昔は理学療法士の国家試験といえば90%以上が当たり前でした。
しかし、第46回に74%と大きく合格率が下がりました。
この年の国家試験はかなり難しかったと言われています。

流石に90%以上から74%と大きく下がってしまったため、その後2年間は90%に近い数値まで合格率が伸びています。

第45回の国家試験から出題形式が変更になり、第45回は難しくなると言われていました。
しかし、蓋を開けてみると93%と高い合格率。
移行期だったということもあり、出題形式のみが変更となり、難易度としては据え置いた形となったようです。

その頃から、合格率が今後は下がってくる、難易度が上がるとは言われていましたが、第46回を境に、合格率が90%以上になることはほとんどなくなりました。

第48回の国家試験で合格率がまた90%に近づいたため、翌年からまた合格率が下がり始めています。

国家試験を作成するにあたり、前年度の合格率をみながら問題の難易度が決定されているため、合格率が高い年と低い年を繰り返しているような形になります。



第55回理学療法士国家試験合格率予想

スバリ!!!

予想合格率:80%前後
(あくまでも個人的な見解です!!!)


上記でも述べたように、ここ5年間の合格率の推移をみると、

第50回:83%
第51回:74%
第52回:90%
第53回:81%
第54回:86%

と合格率が高い年、低い年を交互に繰り返しています。

この流れで考えると、今年は低い年にあたります。

また、近年は養成校も増え、受験者数も12,000人を超えています。
合格者数も約10,000人を超えるほどに増えてきています。
しかし、現時点でも需要に対して供給数が上回っており、2040年には供給数が需要数の1.5倍にもなると言われています。
養成校の質の低下、理学療法士の質の低下なども指摘されており、質の低下を防ぐという意味でも、合格者数は絞られてくる可能性の方が高いといえます。

第54回の合格者数は10,000人を超えています。
第52回も10,000人を超えていましたが、第53回は10,000人以下に減っています。

これらのことを考えても、今年は合格者数は10,000人を切ってくる可能性の方が高いのではないかと思います。

受験者数は昨年と同じぐらいの12,000人程度と考えられるため、
仮に合格者数が9,800人とすると
合格率81%
という数字になります。

あくまでも予想ですが、難しいと思う方が、勉強にも力が入るのではないでしょうか。

国家試験の日まであと156日!!(令和元年9月20日現在)

私の時は、この時期まだ臨床実習の真っ最中でした・・・。

後悔のないように、スケジュールを立てて勉強をし、国家試験の合格を勝ち取りましょう!!!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 

理学療法士(PT)学費
こんにちは^^
理学療法士として働いている私が、リハビリやそのお仕事について書いているblogです。
少しでもリハビリの仕事や資格について知っていただけたら幸いです。

今回は、理学療法士になるために学費がいくらかかるのかをお話ししたいと思います。
私自身が、私立の4年制大学に実家から通っていました。実際、学校に支払う学費以外にもかかるものがたくさんあります。
4年間でだいたいどのくらいのお金がかかるのか私自身の話も含めながらお話ししていきます。

 


1番お金がかからない!!国立大学の場合

1番お金がかからないのは、もちろん国立大学です。国立大学の授業料や入学金は国によって標準額が定められています。
授業料や入学金は徐々に増加傾向にありましたが、ここ10年ぐらいは据え置きとなっています。


data_img01

現在、国立大学の入学金は28万2,000円、授業料が年間53万5,800円とされています。

公立大学の場合は、入学料39万3,426円、授業料が年間53万7,809円となっています。

4年間でかかる学費としては、
〈国立大学の場合〉

〈公立大学の場合〉


となります。

一般的に高いと言われている医療系の学校ですが、国公立の大学であればかなり安く抑えることができます。

しかし、2019年度時点で272校ある理学療法士養成校のうち、国公立大学は26校しかありません。各都道府県にあるわけではなく、各地方で国立、公立が1校ずつというところもあれば、全くない地方もあります。
私立大学と違って、国公立大学の定員数は20〜40名と少ないため、かなりの競争率になります。

数や定員数が少ないだけでなく、偏差値を見てみると50〜64程度となっており、簡単には入れないのが現状です。

大学偏差値ランキング↓



私の場合は、国立大学も、公立大学も近くにあるという恵まれた場所に住んでいたため、国公立を目指して受験勉強をしていましたが、残念ながらセンター試験で力及ばず・・・国公立大学に入ることはできませんでした(/□≦、) 

私立大学が専門学校と比べるとかなり授業料は安いため、国公立大学へ進学すれば、両親の負担はかなり少なく済むと思います。

4年制私立大学の場合

私も通った4年制私立大学の学費についてお話しします。
上記で国公立の学費を述べましたが、かなりの差があります。私の場合、私立大学の合格通知とともに入学金の振込案内と前期授業料の振込案内が入っていましたが、振込案内を見て愕然としました。高いことはもちろん知っていましたが、こんなに高いのに大丈夫だろうか、これ1年間の授業料じゃなくて前期だけ!?と驚きました。

私立大学の場合は、学校によっても多少差がありますが、だいたいこれぐらいという感じで見てもらえたらと思います。

私立大学の学費は、入学金30万円前後、授業料150万円前後です。
4年間で考えると、


となります。
国公立大学と比べると400万円弱も学費が違うのです!!

私立大学は養成校272校のうち80校程度あり、定員数も40〜80人と、国公立大学の倍近く募集をしているところも多くあります。
私が通っていた大学も定員数60名でしたが、実際入学してみると80名ほど同級生がいました。
私立大学の場合は、滑り止めで受けている学生もいるため、定員数よりも多く合格者を出すことがほとんどです。そのため、定員数を上回る数の学生が入学する場合も多くあります。

学校数、定員数が多いだけでなく、偏差値も42〜55となっており、多くが40台です。私のように国公立へは学力が足りないという場合には、私立大学または専門学校を選択することになります。
もちろん、初めから私立大学を目指す人もいます。私立大学には、大学ごとに特色があったり、力を入れている分野や、有名な先生がいて研究に力を入れている、などなど学校ごとに特色があります。
学費は、両親が負担してくれることが多いと思います。決して安くはない金額です。奨学金なども含め、自分の志望校について、両親と話をすることが大切です。

4年制専門学校の場合

専門学校についても、学費には少し差があるようですが、だいたい私立大学と変わらないと言われています。

4年制の専門学校の学費は、入学金30万円前後、授業料150万円前後です。
4年間で考えると、


となります。私の学校の近くの専門学校は、授業料はほぼ一緒でした。
中にはもっと高い学校もあれば、年間授業料が100万円程度の学校もあります。
4年制の専門学校は全国に63校あり、偏差値は44〜59となっています。
しかし、専門学校には偏差値というものはなく、模擬試験をもとに偏差値を算出しています。単純に大学と比較することはできませんが、専門学校ごとに比較するために参考にすると良いと思います。

短大・3年制専門学校の場合

3年制の場合、1年少ない分、学費が少なくなると考えがちですが、1年間の学費が4年制より多い学校もあります。


学校によっても差があるため、学校ごとに授業料を確認する必要があります。
3年制の学校は、全国に90校あり、私立大学に次いで多くなっています。
しかし、現在は3年制の学校がありますが、理学療法士協会は、最低3年間としている受験資格を4年間に引き上げるよう要請しています。
また、カリキュラムの改定によって、臨床実習時間が今よりも増える予定になっています。
現状で、3年制の学校を卒業したからといって不利なことはありませんが、世の中の流れとしては4年制にシフトしていくのではないかと思います。

学費以外にいくら必要??

学費でもかなり高額ですが、これだけで終わりではありません。
その他必要なものとして、

①教科書代
②臨床実習に関わる費用
③実家を出る場合は、生活費
④交通費
などがあります。

①教科書代
専門的な教科書は、1冊1冊が高額なこともあり、1年間にかかる教科書代だけで10万円以上になります。その他、大学の場合は、一般教養などの授業もあり、理学療法士に関わる教科書以外にも教科書が必要になります。学校によって購入のタイミングなども違うかもしれません。
3年次、4年次になると実習が主になるので、学校で教科書を買うことはなくなるかもしれませんが、今後は、実習に関する教科書を必要に応じて自分で購入したり、国家試験に向けて国家試験対策の本を購入したりと、教科書、専門書、試験対策などなどお金が必要になります。
実習に向けて教科書を図書室から借りることもできますが、全員が実習に出るため、欲しい教科書が借りれるわけではありません。学校で購入したものだけでは不十分な場合もあるため、必要に応じて購入する方がいいと思います。

②臨床実習に関わる費用
3年次中旬ごろから臨床実習が始まります。
臨床実習は評価実習、総合臨床実習、総合臨床実習と3回行きます。
だいたい評価実習が3週間、総合臨床実習が8週間の場合が多いと思います。
3回の臨床実習、すべて自宅または借りているアパートから通えれば一番良いのですが、ほとんどの場合そうはいきません。
自宅から遠い場合は、アパートを借りることになります。
多くの場合は、短期間借りることになるため、レオパレスで借りることが多いです。

賃貸料に加え、日々の食費、実習先に向かうための交通費がかかります。

私は総合臨床実習1回目で自宅から遠い場所に行くことになり、アパートを借りるため、レオパレスにいきましたが、その時の見積もりが7週間で20万円でした。
これに食費、交通費が加わるため、30万近く必要になります。

③一人暮らしをする場合
アパート代または寮費、食費、その他生活費が必要になります。
賃貸料は地域によって大きく異なるため、比較は難しいですが、都心部では高額になります。

④交通費
学校近くに住んでいる場合はかかりませんが、遠い場合は、電車代やバス代、ガソリン代などがかかります。


ここに挙げた費用はほんの一部です。
これ以外にも、4年次の卒論で必要なものがあればお金が必要になることもあります。また、当たり前のようにパソコンでの授業もあるため、パソコンも必要になります。実習に必要な服なども購入します。


両親の助けがないと通うことはできません。早いうちから両親としっかり話をして、どれくらいお金がかかるのか知っておくことが必要だと思います。

今回お話しした学費はほんの一例です。
各学校で違うため、志望校が決まったらそれぞれの学校の学費を調べておきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

このページのトップヘ